臣下を征服する

臣下を征服する
プレーヤーの主城が30レベルになったら臣下を征服する効能がオープンされます。
プレーヤーは他人を制服することで臣下を獲得します。臣下は毎回の徴収をしたら主公に銀貨を差し上げます。
毎日、臣下は主公の機嫌を取って一定数の銀貨を獲得します。

征服のルール

1、 プレーヤーは同じ都城のプレーヤーを制服することで臣下を獲得できます。
2、毎回、一人のプレーヤーを制服したら一人の臣下をもらえます。もし征服する目標は自分の主公としたら、勝利した後に臣下の関係じゃなくなります。もし征服される目標は既に主公を持っている状態でしたら、直接主公に征服戦闘を発動します。勝利したらこの目標を獲得したプレーヤーは臣下になります。
3、征服戦闘は両方の兵力を損失します。

4、征服戦闘は1枚の軍令を消耗します。
5、征服して獲得した臣下数は臣下数の上限に越えていけません、数の上限はプレーヤーの官職と関わっている、官職が高ければ高いほど臣下の上限も高いです。
征服条件を発起する:   

1、冬季には征服の発動ができません。
2、冷却時間内で戦闘の発起ができません。
3、軍令の数は必ず十分です。
4、征服戦闘は地元のプレーヤーだけに発起できます。
5、プレーヤーの臣下数は上限になったら制服戦闘の発動ができません。
6、兵士数は0になってはいけません 。
どうやって臣下の関係を解除しますか?
1、臣下は他のプレーヤーに奪われました。
2、主公は他の都城に引っ越しました。
3、臣下は他の都城に引っ越しました。
4、臣下は主公に反抗して成功しました。主公に征服を発動して勝利しました
5、臣下が所属している地域は敵国に占領された時、臣下の関係が自動的に解除されます。
臣下が供え物をする

1、臣下は毎回徴収する時主人にある程度の銀貨を差し上げる、差し上げる銀貨は定額意外の産物で、今回プレーヤー徴収の所得が減少しません。
2、臣下から差し上げた銀貨が主公の受け取るが必要です
3、臣下関係が解除された時、受け取ってない銀貨が自動的にクリアされます。
4、プレーヤーAの主公Bは他のプレーヤーCの臣下になる時、プレーヤーAから出した銀貨はBとCに平均分配されます。

主公の機嫌を取る

1、毎日、臣下は主公の機嫌を取って一定数の銀貨を獲得します。
2、主公の機嫌を取った後に冷却時間に入る、冷却時間内で再び主公の機嫌を取れません。